スマートハウスを知る。これからのくらしを考える。

みんなのスマートハイム

住まいのエネルギーを知れば、暮らしは変わる。 スマートライフ研究室

ソーラーと光熱費の関係とは

なるほど!オール電化使いこなし術

省エネ家電を、さらに賢く快適に使いこなすプロの技を伝授します。

【第4回】
お湯切れしてもタンクは満水。
その理由をお教えします

新たに登場したドクター・カデンとゼロハイム博士に、長いあいだ理解できなかったエコキュートのしくみを教えてもらった、えころさん一家。ここぞとばかり、エコキュートに関する疑問を解消することになりました。


エコキュートを使いはじめてから、よくわからないことがいろいろあるんですが。

どうぞ。なんでも聞いてください。私がわからないことは、ドクター・カデンが答えてくれますので。(笑)

エコキュートのタンクが空になると、機器に悪い影響はないんでしょうか?

タンクは空になりませんよ。

えっ、そうなんですか?

でも、たまにお湯切れ起こしますよ。1度実家の両親が泊まったときも、お湯が足りなくなって・・・

それは正確にいうと、タンクが空になったのではなく、タンクの中のお湯がなくなった状態です。タンクの中は、いつもお湯か水が満タンに入ってるんですよ。

ということは、タンクの中はいつもお湯と水が混ざってる状態なのね?

お湯と水の両方が入ってはいますが、分離しています。

熱いお湯は上に行って、冷たい水は下にたまるんだよね?

そのとおり! ヒカリくんはかしこいですね。

おばあちゃんちでお風呂に入ったとき、上の方だけ熱くて下の方は水だったんだよ。だから、入る前にクルクル混ぜたんだ。

あそこは古いお風呂だからね。私も子どものころ、毎日そうしてたわ

ヒカリくんのいうとおり、エコキュートのタンクの中ではお湯と水とその中間の混合層が、こんな感じで入っています。


エコキュートのタンクの中

タンクの下部には水道水の入口があり、上部にはお湯の出口がついています。実際に給湯されるときには、約90℃の高温水と水道水を混ぜて、温度調整したお湯が蛇口から出ます。また、水道につながっているので、タンクの中は水道管と同じ水圧がかかっています。この水圧があるので、キッチンやお風呂の蛇口をひねると、お湯が送り出されてくるんですよ。奥さんが先ほどからおっしゃっている「空になる」というのは、下の図のような状態になっていくことです。

エコキュートが空の状態

高温水がなくなったときに、お湯切れを起こすわけね。

でも、タンクの中には水が入っている。空にはならないんだ。ちょっと安心したな。

タンクの中に空気が入ると、水圧が変動してお湯が正常に送れなくなりますからね。

それに、空気が入るということは、空気といっしょに細菌などが侵入する可能性があるわけですから、衛生上もよくありません。

電気温水器も同じなんですか?

ええ。違いは電気温水器はヒーターを使ってお湯を作り、エコキュートはヒートポンプを使ってお湯を作るところです。どちらも深夜電力を利用するので経済的ですが、電気温水器のヒーターは電熱で水を温めてお湯を作る方式ですから、エコキュートに比べるとエネルギー効率は悪くなります。

ポンプは使わないんですね?

お湯の供給にはポンプを使いません。水道水の圧力で供給します※1。ただし、お風呂の追い炊きをするときは、ポンプを使ってお湯を循環させます。これはガス給湯器と同じです。

※1:水道水圧の低い地域で2階・3階に供給する際に、加圧ポンプを使うことがあります。

ガス給湯器や電気温水器のデメリットを改善して生まれたのがエコキュートなんですね。

まさにそのとおりです。

それにしても、タンクが空になるわけじゃないんなら、紛らわしい表現はやめてほしいわ。

温水器のことを理解している人はタンクが空にならないとわかってらっしゃるんでしょうが、確かに紛らわしいですよね。

前のページへ 次のページへ
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9

ページTOPに戻る