【基本レポート】より

■7月の結果発表!
7月の総消費電力は642kWhで金額換算値は12,685円でした。
7月は消費電力量が基準値に近い値となっていますが、換算金額は少なめとなっています。単価の高い昼間の消費は抑制し、単価の安い深夜電力を多く使ったと考えられます。


 

明細の期間(7/7-8/5)での消費電力は436kWhでした。

7/1-7/31の一ヶ月では 消費電力452kWh、自家消費は123kWh。

発電量は1144kWhでした。 自家消費電力は順調に下がってきていたのですが、7月でいつもの倍以上の消費になってしまっていました。

過去のデータを見直してみると毎年、7月・8月で同じような値となっていました。

エアリーにて冷房使用により上昇したものと考えられますが、

暖房の方が消費電力が高くなると思い、過去のデータをみてみると今年の冬は冷暖房を使う時期とほとんど変わりがありませんでしたが、

昨年、一昨年については、やはり1-3月のいずれかの月が100kWh を超えていましたが、夏場よりは低い値となっていました。