エコプロダクツに行くのはすっかり私の年末行事になりました。
最先端の技術や知識を見聞きするのも楽しいのですが自治体や大学、スーパーやホテルなどで行われているエコの工夫はとても楽しく、良い勉強になります。

来年は和歌山城に行ってみたいと考えていた私は和歌山県のブースで見どころをいろいろ紹介していただいたり、山間部でのシカやイノシシ被害などのお話を聞いて自然共生の難しさを改めて感じました。

相模原市ではこんな素敵なエコが紹介されていました。
マテバシイの実で作ったドングリのお煎餅です。
お味もとっても美味しかったです。
森の生き物たちを育んでくれるどんぐりに栄養ないわけないですよね。


 DSC_0428.JPG   DSC_0430.JPG


 

非常用食料としてチャーハンや牛丼がありました。

熱湯で15分、災害時に良いと思ったのは水でも60分かかりますができるところです。
食べていないので味はわかりませんがお湯や水の量によってスープチャーハンにもできるってすごいですよね。

アイデアと工夫はどんな時でも強い味方になってくれると思いました。




 DSC_0429.JPG