15年点検の時に注文したひっかけ棒を持ってきていただきました。


写真_1246503573.jpg.jpg


家のシャッターは修理してからは錘付きのワイヤーひもで引っ張るようになっていたのですが1枚を下に垂らしたままうっかり閉めてしまい錘を壊してしまったためワイヤーを引っ張って下ろすのですが細いので結構痛いのです。
感謝祭の時にファミエス営業さんやシャッター業者さんにひもだけ変えることはできますか?と聞いたりしていたのですが、最近は手の届く位置で止めて開け閉めしていました。
15年点検の時にも半端な位置で止まっているシャッターにおかしいと思っていただいたのか、話が出てひっかけ棒が買えると聞いてさっそくお願いしました。
新築時にいただいたものは結構重い鉄の棒で先が鳥のくちばしのように曲がったものだったのですが今回のものは軽くて長さもあり、カーテン止めにひっかけて置けるのでとっても便利だと思いました。
これならなくす心配もなさそうです。
通常不具合部品などはファミエス営業さんにお願いするのですが今回はCS品質保証グループ診断センターにお願いしました。部材という扱いになるようです。ハーモネートでも売っていません。私のようになくす人はいないからでしょう(/ω\)...恥.

私がFANNサイトで記事を書くことにしたのは全国のオーナー様はじめハイム、ファミエスの社員の皆様と本音でお話したいと思ったからでその思いはここ数年大きく進化して、感謝祭やほかのイベントでも本当に楽しく参加させていただいています。
良いことも悪いことも正直に書いていきたいと思っています。どこのメーカーさんでも失敗はある程度あると今は思っていますが問題はその後の対応で私もそうでしたが読者の皆さんもきっと知りたいと思っているのではと思います。
悪い記事を書くのは楽しいことではありません、だってそんな悪い会社を見抜けないで契約したのはお前だろう!って言われても返せないし、こんなこともあったのだけど今はこんな風に改善されてとても良くなったのですよと書くことは楽しい。もっともっとよくなってほしいという思いで応援団やってます。
お見苦しいことも多々あるとは思いますがこれからもどうぞよろしくお願いします。