]茨城県次世代エネルギーパーク設立10周年記念イベント 「水素で走る車の秘密」に参加してきました。

メルセデス・ベンツつくば つくばサーティファイドカーセンターで行われたイベントは専門家による簡単なデモを交えたお話を伺ったり、水素燃料電池で走る自動車(Honda CLARITY)の車内やボンネット内を見たり、可搬型外部給電器につないで一般家庭のおよそ7日分の電力供給可能とされるパワーを見てきました。
参加者の方は燃料電池の開発にかかわっていらしたという方や私のような 主婦や中学生などいろいろな方がいらしていましたがお茶と水素イオン入りのお饅頭や栗の形のクッキーを食べながら楽しく過ごすことができました。

水素ステーションで車に補充された水素をどうやってエネルギーに変えていくのか、水素利用の安全設計、燃料電池自動車の安全性等々いろいろ聞いたのですが正直私にはとても難しかったです。でも燃料電池とは蓄電しておくものではなく、水素と水の供給でその場で発電する発電機であるということはわかりました( ..)φメモメモ

水素って衝突事故とかで爆発することはないのだろうか?ちょっと心配だったのですが車に入っている水素タンクはまるで魚雷かと思うような強そうなもので安心というよりびっくりしました。





  DSC_0250.JPG    DSC_0253.JPG    DSC_0256 1.JPG     




  DSC_0252.JPG    DSC_0261 1.JPG    DSC_0262 1.JPG



  科学の街つくばには数多くの研究機関があって、宇宙や自然環境、遺伝子等々様々な分野で研究開発が行われています。開発の成果をじかに見学、体験できる一般公開やサイエンスツアー、サイエンスカフェ、次世代エネルギーパーク見学などが行われます。
大学も筑波大学をはじめ日本でただ一つの聴覚、視覚障害者のための大学であるつくば技術大学もあって、キャンパス内各所で障害に配慮した設備、工夫を見ることができます。ハイムの研究所もあるとても楽しい街です。