スマートハウスを知る。これからのくらしを考える。

みんなのスマートハイム

お役立ちエネルギー通信 電力自由化についてのコラム

「電力自由化」の前に知っておくべきこと②

第3回
「電力自由化」の前に知っておくべきこと②

— 家庭で、安い時間帯の電力を活用する方法は? —

電気の使い方を工夫して、電力自由化の波に乗る!?

住んでいるエリアの電力使用状況を学んでいる、えころさん一家。
電気を使う人が少ない時間帯に電力使用をシフトさせるために、
深夜などの時間帯の単価が安く設定されていることがわかりました。
そこで気になるのは、安い時間帯の電力を家庭でいかに活用するか、です。
時間帯別の料金制度を利用できるオール電化住宅で
どんな工夫ができるのか、さっそくスマートハイムニャビに聞いてみました。

dog doctor

今日のレッスン

家庭での賢い電気の使い方を知る!

家庭の電力使用のポイントは、"家事"の時間帯にあり!

family

前回のコラムでご紹介したエリア全体の電力使用状況と、家庭での電力使用状況を比較してみましょう。

一般住宅とエリア全体の電力使用量の月平均値比較
一般住宅(ガス併用住宅・空調はエアコンを使用)の電力使用量の月平均値

電力量の規模が違うのは当然だけど、
ピークの時間帯も微妙にズレているわ。

家庭の電力使用は一年を通してある程度同じで、朝は少し早い時間帯に、夕方は少し長めにピークがあるね。

いいところに気がついたニャ。時間帯から推測すると、炊事・洗濯・入浴などに使われている電力だと言えるでしょう。つまり、賢く電力を活用するヒントは、家事に関わる電力をいかに単価の低い時間帯にシフトするかにある、ということなのです。

電力をシフトする方法、タイマー機能だけじゃない!?

dog

とはいえ、炊事・家事・入浴そのものの時間を深夜にずらす......というのは非現実的ですよね。
そこでオススメしたいのが、家電のタイマー機能の利用です。えころさんご一家も実践されていると思いますが、食器洗いや洗濯をタイマー機能で23時以降にシフトする方法です。
また、タイマーを使わなくても深夜電力を活用する方法もあるので、ざっとご紹介しましょう。

深夜電力を活用した家電の使い方

タイマー機能を使って
家事を効率化する

  • 食器洗い乾燥機
  • 炊飯器
  • 洗濯機
  • 生ゴミ処理機  など

冬の早朝など深夜電力を活用して
室内温度を快適に

  • エアコン
  • ファンヒーター
  • 床暖房  など

電化製品の充電に
深夜電力を活用する

  • 携帯電話、タブレット
  • 固定電話の子機
  • モバイルパソコン
  • シェーバー
  • 電気歯ブラシ
  • デジタルカメラ、デジタルビデオ  など

まだまだわが家でもやれそうなことがあるわね。

確かに。
今日からさっそくやってみよう!

タイマー機能をこまめに活用することは、暮らしの節電意識にもつながりとても有効なのですが、シフトできる電力の総量としてはそれほど多くありません。そこでプラスアルファで活用したいのが、ヒートポンプ給湯器「エコキュート」。深夜のお得な電力をフル活用して、少ない電力で多くのお湯を沸かすことができ、日中の食器洗いや入浴にたっぷり使うことができるんです。

すでにえころさんご一家でも稼働中のエコキュートは、オール電化住宅ならではの家電です。実際にオール電化住宅での電力使用量のデータを見てみると、深夜0時~早朝5時の電力使用量が増えています。これがまさにエコキュートでの使用分。このグラフだけ見ると、電気代が高くなりそうだと感じる方もいるかもしれませんが、実際には単価の低い電力を使っているので、夕方にガスを使ってお湯を沸かすよりもぐっとお得になります。

オール電化住宅における電力使用量の月平均値と金額換算例
オール電化住宅における電力使用量の月平均値と金額換算例

わが家も深夜電力でたっぷりお湯を沸かしているけれど電気代はほとんど気にならないわよね。

わが家以外のオール電化住宅のデータも知りたいなぁ。深夜電力を活用することでどのくらい電気代がお得になっているんだろう?

実際、セキスイハイムのオール電化住宅のケースでは、太陽光発電での売電額との差し引きで、年間の収支がプラスになっているご家庭が多いですね。先日私が光熱費データを分析したご入居者は、こんなことをお話しされていました。

広島県・Kさま

わが家では、電力単価の高い10~17時の電気をできるだけ使わないように心がけています。例えば空調の使い方を、時間や季節によって調整。午前3時に妻が起床するので、冷え込む冬はそのタイミングで空調をONにして、朝7時半の出勤時にOFFに。帰宅するのは17時頃なので、割高な電気はほとんど使っていないんです。その積み重ねで1年間の電気代が約18万円のプラス収支になっています!

interview

ちょっとした努力かもしれませんが、割安な電気を活用するためのアクションを無理なく続けられるライフスタイルを確立できれば、電力自由化が本格的にスタートした際にも、より自分の暮らしに合った電力プランを選べるようになると思います。

今日のレッスンのまとめ

家庭での賢い電気の使い方を知る!
  • 家庭での電力使用は、朝夕の炊事・洗濯・入浴がメイン
  • ▼
    家電製品のタイマー機能エコキュートの活用 深夜電力の時間帯に電力使用をシフトすれば、 電気代を賢く抑えられるように!
doctor

時間帯別の電気料金を賢く活用するためには、
実は専用の電気メーターが必要なんです。
次回のコラムでは「スマートメーター」について
お話ししましょう。