スマートハウスを知る。これからのくらしを考える。

みんなのスマートハイム

minsuma.jp みんなのスマートハイム
  • COLUMN お役立ちエネルギー通信 スマートホームが叶える、
    未来の暮らし

お役立ちエネルギー通信

スマートホームが叶える、
未来の暮らし

モノがネットにつながることで、
どんな素敵な暮らしが叶う?

お役立ちエネルギー通信

スマートホームが叶える、
未来の暮らし

モノがネットにつながることで、
どんな素敵な暮らしが叶う?

スマートハイム・ニャビ

"IoT"という言葉、ご存知ですか?
これは「モノのインターネット」という意味で、
いろいろな製品がインターネットに
つながることを指します。
IoT化によって、例えばスマホで
家電の遠隔操作ができたり、
クラウド上の情報から
設備機器の自動制御ができたり......。
そんなIoTによる利便性・快適性を実現する住まい
「スマートホーム」。
どんなメリットがあり、
どんな点に気をつける必要があるのか。
そして「スマートハウス」と何が違うのかなど、
簡単にご説明しましょう。

スマートホームとは?

実は「スマートホーム」には明確な定義はありません。大まかには、太陽光発電などの"創エネ設備"、蓄電池や電気自動車(EV)などの"蓄エネ設備"、"スマート家電"などを備えていて、それらを単体あるいは組み合わせてネットワークでつなぎ、コントロールデバイスで一括管理する住まいのことを指すようです。

スマートホームとは

ここで気になるのが、「スマートホーム」と「スマートハウス」の違い。どちらも家電や設備をネットワークでつなぐ住まいではありますが、「スマートホーム」が利便性・快適性をメインにしている一方で、「スマートハウス」はエネルギー管理に注目したものだと言われています。とくに「スマートハウス」は、創エネ・蓄エネなどを組み合わせることが多いため、戸建て住宅に限定されるケースがほとんどだと言えるでしょう。

では「スマート」という考え方を取り入れた暮らしは、戸建て住宅でないと実現できないのでしょうか。いいえ、そうではありません。市販されている家電機器がメインとなる「スマートホーム」では、家の形状・仕様・特別な設備機器を限定せず、どんな家庭でも実現が可能です。つまり、「スマートホーム」は集合住宅や賃貸住宅なども含めてすべての住まいで実現可能だと言えるでしょう。実際に、スマホのアプリで省エネ設定ができたり、外出先から稼働状況をチェックしたり、家電が作業完了をメールでお知らせしたりと、便利な家電が続々と発表されています。今後は「スマートホーム」の考え方を取り入れている住まいがさらに増加することが見込まれています。

「スマートホーム」と「スマートハウス」。厳密には両者には意味の違いがありますが、どちらも"住まい全体をネットワークでつなぐことで、暮らしが大きく変わる"ということは同じ。つまり、IoTという情報技術の進化を住まいにとり入れることで、今までの暮らしががらりとかわるような利便性・快適性を手にいれることができるようになるのです。

「スマートホーム」では、どんな暮らしができるの?

家にいるときを考えてみましょう。手元にスマホやタブレットさえあれば、離れた場所にある電化製品をコントロールすることができます。例えば、1階のリビングで過ごしながら、2階の子供部屋の照明をチェックして、消し忘れをOFF。寝室にいながら、玄関の施錠ができているかを確認。気分に合わせて照明やBGMをワンタッチで切り替え。さらに、室内のセンサー情報や暮らしの中で蓄積されたデータ、天気予報などの外部情報をもとに、エネルギーの動きを自動制御し、電力の無駄遣いを減らすことも可能です。つまり人間が無理や我慢をする必要はなく、その代わりに住まいが主体的に省エネをしてくれる!と言ってもいいでしょう。

また、外出先からも住まいの電化製品をコントロールすることができます。朝、バタバタと家を出てしまい鍵をかけたか不安になったとき、スマホから確認して施錠する。テレビのHDDに録画した番組を、通勤中にタブレットで視聴する。うだるような暑さの帰り道、最寄り駅から少し低めの設定温度でエアコンをONしておく。便利で、快適で、どこかワクワクするような未来の暮らしが、「スマートホーム」なら可能になるのです。

「スマートホーム」を実現するには、何が必要なの?

便利で快適な「スマートホーム」で叶えるには、スマート家電と操作するための情報通信機器が必要です。ですが、「スマートホーム」の利便性・快適性を安定的に実現するためには、住まい全体で考えることが重要です。なぜなら、家電コントロールだけだと、効率的に省エネをすることは難しいですし、とくに停電時には操作が一切できなくなってしまうというリスクがあります。例えばネットワーク経由で施錠する玄関ドアを使っていれば、停電中は家に入れなくなってしまう可能性もあるわけです。「スマートホーム」での快適な暮らしを持続可能なものにするためにも、上記でご紹介したように自宅で電力を生み出せる"創エネ設備"、夜間や悪天候時のために電力を貯めておく"蓄エネ設備"、そしてそれらとデジタル家電をつなぐためのネットワークとコントロールデバイスを備えておく必要があるでしょう。

COLUMN COLUMN

セキスイハイムでも、創エネ・蓄エネ設備をネットワークでつなぎ、HEMSによって家中の電力を"見える化"する「スマートハイム」で、「スマートホーム」を実現することができます。セキスイハイムのHEMS「スマートハイム・ナビ」では、部屋ごと・機器ごとの消費電力を確認することができ、空調システムは外出先など離れた場所からのコントロールも可能。また、天気予測や各家庭の電力使用データから、ライフスタイルに合わせて空調・蓄電池の運転スケジュールを自動的に制御することもできます。

IoTで、ますます便利になる暮らし。しかしそれらの最新技術の恩恵を受けるには、「安定した電力供給」がなくてはならない要素になります。セキスイハイムでは、創エネ設備としての太陽光発電、蓄エネ設備としての大容量蓄電池・EV、少ないエネルギーで快適に暮らせる高い住性能を実現することで、住まいのエネルギーを「自給自足」できる新しいライフスタイルを提案しています。いつまでも安心して暮らせる、未来の「スマートホーム」。これからの家づくりのスタンダードになる日も、遠くないはずです。