スマートハウスを知る。これからのくらしを考える。

みんなのスマートハイム

minsuma.jp みんなのスマートハイム
  • COLUMN お役立ちエネルギー通信 家庭用蓄電池を考える

お役立ちエネルギー通信

家庭用蓄電池を考える

一般家庭で電力を貯めておくことの経済性と、
万一の安心について考える。

お役立ちエネルギー通信

家庭用蓄電池を考える

一般家庭で電力を貯めておくことの経済性と、
万一の安心について考える。

スマートハイム・ニャビ

東日本大震災の際、関東エリアで
"計画停電"という想定外の事態が発生。
そうした経験から、
国もクリーンエネルギーへのシフトを打ち出し、
再生可能エネルギーと
蓄電池の普及を後押ししてきました。
さらに、一般家庭でも
停電時の備えとして蓄電池のニーズが高まり、
「家庭用蓄電池」に注目が集まるようになったのです。
震災以降、家庭用蓄電池は
どう進化してきたのでしょうか。
用途の変化を紹介しながら、
その役割について解説します。

家庭用蓄電池、どう役立つの?

家庭用蓄電池とは、電力を貯めておいて必要な際に使える一般住宅向けの電池のこと。従来、電力は"ナマモノ"だと言われ、従来は創った電力を貯めておくということはできませんでした。ですから電力会社でも、需要予測に合わせて無駄に電力が余らないように発電し、供給していたのです。ところが家庭用蓄電池の登場により、一般家庭で電力を貯めておけるように。つまり"ナマモノ"であるはずの電力を、一旦保管しておき、時間をずらして使えるようになったのです。

一般家庭において蓄電池が役立つシーンとしてまず挙げられるのは、停電時。地震や風水害の影響で電力の供給が止まっても、家庭用蓄電池に貯めておいた電力で最低限のライフラインを確保することができます。携帯電話やスマホの充電により連絡手段を維持したり、テレビやオーディオで避難情報や気象警報などの情報収集をしたりすることができます。照明が使えたり、温かい食事が用意できることで、家族の安心感もぐっと増します。また、灯りがつくことで、自宅だけでなく停電時の地域の犯罪抑止効果にも期待することができます。

万一の備えだけでなく、毎日の暮らしでも蓄電池は役立ちます。それが、「時間をずらして」電力を使えるという点です。つまり割安な深夜電力を蓄電池に貯め、電力が割高な日中に使うことができるのです。このように、時間をシフトして電力を使うことで光熱費の削減が可能になります。

太陽光発電との組み合わせによる、新たな可能性とは?

万一の備えや光熱費削減効果に加え、今新たな使い方が話題になっています。それが「太陽光発電との組み合わせ」です。

太陽光発電で創られた電力は、CO2や産業廃棄物を出さないクリーンなエネルギーであり、国のエネルギー施策の中心となるものです。ところが太陽光発電の場合、夜間は発電できない、悪天候時は発電量が減るなど、時間や気象条件によって発電量が左右されるというデメリットがありました。太陽光発電だけが普及しても、日中の発電量は増えるものの、日没後や悪天候時の電力が不足することは明らかです。そこで注目されたのが、蓄電池。日中の発電分を貯めておくことで、日没後や悪天候時など発電量が落ちる時間帯にもクリーンなエネルギーを使えるようになるのです。実際に「家庭用蓄電池」で検索してみると製品に関する多くの情報がヒットしますが、そのほとんどは太陽光発電と組み合わせることが前提となっており、太陽光発電と蓄電池の組み合わせがいかに相性がよいかは明らかです。

もし蓄電池だけであれば、前述したような災害時の備えは一時的なものに留まります。つまり停電が長期化した場合など、蓄電池に貯めた電力がなくなってしまうと、電力は使えなくなるのです。ですが、太陽光発電と組み合わせることで、日中は発電分の電力を使い、余った分を夜間のために貯めておくことが可能になり、長期的な停電に備えることができます。また太陽光発電との組み合わせは、一定期間変わらない単価で電力会社が電力を買い取ることを約束する期間限定の優遇措置「FIT(=固定価格買取制度)」が終了した後への備えにもなります。今後、電力の売買価格が変動することが予想されている中、自宅で電力を創って自宅で使うライフスタイルは、外的要因による家計へのダメージを最小限に抑えるための備えにもなるでしょう。太陽光発電と蓄電池を組み合わせることで、電力の「自給自足」の実現に近づくことができるのです。

家庭用蓄電池を導入することのデメリットは?

太陽光発電と組み合わせることで大きなメリットがある一方、デメリットとして挙げられるのは、初期コストがかかること。蓄電池を単独で導入する際のコストは、ごく大雑把に言って200万円前後が現在の目安のようです。しかし買電単価が年々値上がりしていることを踏まえると、蓄電池を導入することで売電額の削減効果を期待することができそうです。

また、蓄電池の種類によっては大型になることもあり、設置場所を心配される方も多いですが、技術革新により初期の家庭用蓄電池よりも小型化が進んでいます。サイズや設置できる場所のバリエーションが増えたことにより、ライフスタイルに合わせて選ぶことが可能。屋外に設置するタイプ、屋内に設置するタイプ、室内でもコンパクトに収まる小型軽量タイプ、さらに自家用車として使いながら住宅とつないで蓄電設備としても活用できる電気自動車(EV)などがあります。

家庭用蓄電池、実際はどうなの?

セキスイハイムでは他社に先駆けて家庭用蓄電池の導入を推進し、実際に多くのご入居者が蓄電池を活用して快適な暮らしを送られています。実際に蓄電池を活用されているご入居者に行ったアンケート結果をご紹介しましょう。

● 蓄電池採用満足度(%)
● 蓄電池採用後満足している点(%)

「非常に満足」「まあ満足」「満足」の合計が全体の87%。多くのご入居者が満足されていることがわかります。また、満足感を感じている入居者のうち女性の満足度が非常に高く、「月々の光熱費が削減できる」の項目で女性が95%(男性81%)、「非常時の電源確保ができる」の項目で女性が82%(男性66%)という数字になっています。

調査目的:
家庭用蓄電池の利用実態を把握し、今後の課題を探る
調査対象:
セキスイハイム入居者で2012年4月~9月契約(2012年9月~2013年3月引渡し)、太陽光発電システム、及び、スマートハイム・ナビ(HEMS)、及び、家庭用蓄電池(5.53kWh、又は、7.2kWh)採用邸
調査手法:
郵送アンケート
調査期間:
2013年8月に調査実施
有効回答:
115件

わが家にぴったりの家庭用蓄電池を選ぶには?

では、家庭用蓄電池はどのように選べばよいのでしょうか。大切なのは蓄電池のスペックだけで決めてしまわないこと。太陽光発電と家庭用電源との両方に接続することができ、充放電を効率的にできるかどうか。停電時に自動的に自立運転に切り替えられるかどうか。そして、家の中の設備や家電と連携できるかどうか。そういった点にも着目して選ぶようにしましょう。

自治体によっては、蓄電池の導入に補助金制度を利用できる場合もあります。お住まいの自治体に問い合わせてみるのもおすすめです。