スマートハウスを知る。これからのくらしを考える。

みんなのスマートハイム

スマートハイムが目指す未来とは。

想像してください。
暮らしのすべてが太陽から、になる明日を

太陽だけで暮らす未来 GREENSHIFT!

21世紀は環境の時代が来る。
そう信じて、1997年にソーラー住宅の販売を開始したセキスイハイム。
2012年には、蓄電システムの標準搭載モデルを、
2014年には電気自動車と住宅が連携する
「VtoHeim」を発表、常に時代に合った家づくりを
目指してきました。そして、今、セキスイハイムが
新たに目指す未来があります。それはグリーンシフト。
石油・石炭、ガスや原子力も使わない、昼も夜も
太陽光エネルギーだけで自給自足する新しい暮らしです。
エネルギーとの付き合い方が再び見直される今、
スマートハイムは新たな未来ステージの扉を開きます。

GREENSHIFT!とは?
Scroll

GREENSHIFT!とは?

ソーラー・蓄電池・HEMSを搭載した
スマートハイムを「グリーンモード」にすることで実現できる 次世代ライフスタイルのこと。
昼間に発電したエネルギーを蓄電池にためて 夜間に無駄なく活用することで、
一日中、自然の力による自給自足が目指せます。

about GREENSHIFT

なぜGREENSHIFT!が求められるのか。

REASON1

エネルギーコストへの安心のために

震災以降、日本は火力発電の割合が大きく、燃料費は安定せず、将来の価格変動リスクをはらんでいます。
たとえ電力自由化がスタートしても、電気代の大幅な低下が見込めるとも限りません。
外部のエネルギー源への依存をやめれば、このようなエネルギーコストへの不安は解消されます。

原油、LNGなどの燃料費は変動が大きい

エネルギーコストの現在までの上昇率

エネルギーコストの現在までの上昇率出所:資源エネルギー庁

電力自由化後も電気料金が下がるとは限らない

各国の家庭用電気料金の推移(時刻通貨ベース)

各国の家庭用電気料金の推移(時刻通貨ベース)出所:「2020年の産業」(野村総合研究所(著)/ 東洋経済新報社)より追記

REASON2

エネルギートラブルへ対応するために

政府報道資料によると、全国の「年間停電戸数」の累計が近年、増加。
自宅でつくった電力で自給自足できれば、気候変動や電力事情に関わらず安心して暮らせます。

平成27年の地域別停電戸数

平成27年の地域別停電戸数※1

過去4年間の停電戸数の推移

過去4年間の停電戸数の推移※2

※1 内閣府防災情報ページ「災害情報一覧」 より算出:平成24年、平成25年、平成26年、平成27年全災害資料から【ライフラインの状況/電力/停電/延べ停電戸数】を参照。
※2「今冬期の大雪等による被害状況等について(平成27年5月1日)」資料における停電戸数計254,547は平成26年中に復旧しているので数には含めておりません。

REASON3

クリーンエネルギーを最大限活用するために

現在、日本の一次エネルギーにおけるクリーンエネルギーの割合は未だ少ないのが現状です。
一方、太陽光発電の売電価格は下落しており、普及にはブレーキがかかっている状態。
自宅で発電した電力だけを使う「自給自足の暮らし」が普及すれば、この現状を打破することできます。

日本でのクリーンエネルギー普及は発展途上

日本の一次エネルギー国内供給の割合

日本の一次エネルギー国内供給の割合出所:平成26年度(2014年度)エネルギー需給実績 (速報)より

買電単価が売電単価を上回る逆転現象が発生

太陽光発電システムの設備認定の推移[累積]

東京電力(電化上手)出所:当社調べ

電力は、売るよりも“自家消費優先”の時代へ

昼に貯めた電気を夜に使い、
一日中太陽の力で暮らす

今までは電力の買取価格が高かったため
売電すればするほど得をする時代でした。
買取価格の下落や、電気代の上昇、そして災害による
停電の多発により、これからは発電した電力は
売らずに使い切ることが暮らしに役立つ
自家消費優先の時代になります。
その実現のためには、昼間に発電した電気を夜も
使えるようにするための蓄電システムが不可欠。
太陽光発電、HEMSと組み合わせることで
エネルギー自給自足の暮らしに近づいていきます。

自家消費優先の時代の生活イメージ

自家消費優先の時代の生活イメージ

MORE INFORMATION

さらに気になる方はこちら

  • グリーンシフトを実現する
    性能・設備を知る

    グリーンシフトを実現する性能・設備を知る
  • 実際のくらしに
    ついて知る

    自給自足の生活について知る
  • スマートハイムについて
    さらに詳しく知る

    スマートハイムについてさらに詳しく知る カタログのご請求はこちら