minsuma.jp みんなのスマートハイム
スマートハウスを知る。これからのくらしを考える。

みんなのスマートハイム

  • エコハウスとは?

エコハウスとは?

エコハウスとは、単に光熱費が抑えられる家、ではありません。
環境省によると、「地域の気候風土や敷地の条件、住まい方に応じて自然エネルギーが
最大限に活かされることと、さらに身近に手に入る地域の材料を使うなど、
環境に負担をかけない方法で建てられること」がエコハウスの基本だとされています。
つまり、光熱費などの「コスト」ベースの視点だけではなく、
家づくり・暮らし方で使う「エネルギー」を考え、
環境への負荷をできるだけ少なくしようとする住まいが、エコハウスなのです。

環境への負荷を少なくするために必要なのは、住まいそのものの
“躯体”(=パッシブデザイン)住まいに付加する“設備”(=アクティブデザイン)を組み合わせることです。
とくに建築してから変えることが難しい断熱・気密性能など“躯体”の基本性能は重要度が高め。
“躯体”と“設備”といったハードの条件に、“ライフスタイル”“地域との調和”というソフトの取り組みをプラスした
4つを満たすことが、エコハウスの基本的な考え方だと言えるでしょう。

エコハウスとは

なぜ今、エコハウスが
注目されているの?

東日本大震災以降、国内ではエネルギー問題や電気代値上がりなどに注目が集まりました。
さらに世界規模でもCO2削減の必要性が叫ばれています。
そんな中、各家庭が環境に与える影響にもスポットライトが当たるようになりました。
つまり、環境にやさしい社会づくりの一つとして
「各家庭で消費されるエネルギー量を減らすこと」も重要視されるようになったのです。
そこで、住まいの性能そのものを高め、無理せず省エネを続けられる住まい「エコハウス」が
注目を集めるようになったと言われています。

一般家庭用電気料金の推移

東日本大震災以降、各家庭の電気料金が値上がりしたことも「エコハウス」への注目度を高めるきっかけの一つに。

エコハウスを実現するには?

エコハウスを実現するには、前述したように「住まい」「設備」「ライフスタイル」「地域との調和」の
4つのテーマを取り入れる必要があります。

house
住まい
  • 断熱

    室内と屋外を隔てる部分(壁・窓など)の“温度の伝わり”が少ないほど、少ないエネルギーで快適な温度を保てます。

  • 気密

    建材の接合箇所などの“隙間”の面積が少ないほど、少ないエネルギーで換気でき、夏の温度上昇も防止できます。

  • 日射遮蔽

    とくに夏場は日差しの遮蔽が必要。庇、ルーバーなどを活用し、温度上昇を防ぐことがポイントに。

  • 日射導入

    敷地特徴を活かした設計で太陽光を取り入れることで、照明や暖房に使うエネルギーを削減します。

  • 通風

    風が通り抜けやすい設計にすることで、少ないエネルギーで換気でき、夏の温度上昇も防ぐことができます。

  • 換気

    断熱性・気密性の向上と同時にこもりやすくなる室内の臭い・有害物質・湿気などを取り除くために必要です。

  • 自然素材

    建材などに自然素材を活用することで、製造工程で消費するエネルギーや地球環境への影響を抑えられます。

facility
住まい
太陽光発電
水力発電
バイオマス発電 など

環境への負荷を最小限に抑えながら自然エネルギーから電力を創り、暮らしに必要なエネルギーを得る。

HEMS System
さらに賢く省エネするためにぜひ取り入れたいのが、
家全体のエネルギー使用状況を“見える化”できる
「HEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム)」という設備。

太陽光発電などの創エネ設備、照明や空調などの設備、家電などをネットワークでつなぐことで、エネルギーがどこでどのくらい使用されたのかを操作盤やPC上で表示します。客観的に使用状況を把握できるため、エネルギーの無駄づかいが一目瞭然。「使う機会の少ない家電のコンセントを抜く」「各部屋のエアコン使用を控えるため家族がLDKで過ごすようにする」など、日々の省エネ活動を考えるきっかけになります。

lifestyle
住まい
日差しを遮るグリーンの活用

暑い時期の日射を遮るのに有効なのが草木の活用。ゴーヤやアサガオなどで緑のカーテンをつくり、体感にも見た目にも涼しく。

住まい
洋服での温度調整

室内が寒く感じられるときは上着を羽織る、ひざ掛けを使うなどの工夫をプラスすることで、空調の省エネ運転が可能に。

住まい
設備・家電のタイマー活用

例えば冬の朝や夏の夜など、室温が気になるときはタイマーの活用を。必要なタイミングで効率的に空調を管理できる。

lifestyle
住まい
日照・通風・温度など地域の気候を活かす設計地元産材の活用文化・伝統などを取り入れたデザイン

日照や通風、季節ごとの暑さ・寒さなどに合わせた設計にすることで、周辺環境とより共生できるエコハウスになるでしょう。また地域文化との共存もエコハウスの大切なテーマ。地元産材を使って林業の維持に貢献する、地域ならではの伝統的なデザインを取り入れるなど、地域との調和を考えることも必要です。

地域らしさ、を取り入れることで
真のエコハウスに

単に、省エネできて光熱費が“お得”な家、ではない「エコハウス」。
自然環境のエネルギーをうまく取り入れ、環境への負荷をできるだけ減らしながら心地よく暮らせる注目の住まいなのです。
住み手のライフスタイルや土地の個性によって、最適なエコハウスは異なります。
“わが家流”のエコハウスはどんなものがよいか、楽しみながら考えてみませんか。

次世代のエコを、
セキスイハイムの「自給自足」の家で

セキスイハイムが目指すのは、高気密・高断熱など高い住性能を持った
躯体に太陽光発電・蓄電池を組み合わせた、昼も夜も電力を自給自足できる家。
「エネルギーと暮らし」の未来を明るく照らす、次世代の住まいです。

自給自足の家