みんなの声新着情報


ソーラー自立運転 体験者の声

アンケートの結果、「冷蔵庫」、「テレビ」、「携帯電話」を利用した方が多く、利用時間は「3時間以上」と、
自立運転モードを一番使用していたといえるエリア。
他のエリアと比較すると、「炊飯器」と「電気ポット」の使用割合が高いのが特徴。
計画停電とは異なり、未曾有の震災による停電下で、「いつ電気が復旧するか」がわからず、
食料に関する使用機器に関するコメントが多い、という特徴があります。


携帯電話の充電をでき、大変助かりました

(岩手県)

3月11日の大震災時に数日間停電しました。
太陽光パネルにはまだ雪が残っており、電源を確保のためにパネルの雪かきを行いました。
日差しが弱く洗濯機を作動させることはできませんでしたが、携帯電話の充電ができた
ときには大変助かりました。

太陽光発電ができて本当に良かった、と思った瞬間でした

(宮城県)

忘れもしない東日本大震災の翌日、延長コードを使ってテレビを日暮れまで見ていました。
また、隣近所からケータイの充電を頼まれ、タコ足状態にして充電してあげたり、
充電池の充電をして晩の暗闇に備えたり・・・。
太陽光で本当に良かった、と思った瞬間でした。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

「自立運転モード」アンケート結果はこちら!

エリアによって、自立運転モードの使用法、使った時間数、使用した機器に違いがあります。
全国版データや、計画停電エリアのアンケート結果を通じて、
災害への備え、停電への対処法を考えてみましょう。

サイトTOPへ