みんなの声新着情報


ソーラー自立運転 体験者の声

アンケートの結果、「冷蔵庫」、「テレビ」、「携帯電話」を利用した方が多く、利用時間は「3時間以上」と、
自立運転モードを一番使用していたといえるエリア。
他のエリアと比較すると、「炊飯器」と「電気ポット」の使用割合が高いのが特徴。
計画停電とは異なり、未曾有の震災による停電下で、「いつ電気が復旧するか」がわからず、
食料に関する使用機器に関するコメントが多い、という特徴があります。


5日間続いた停電中、毎日温かいご飯が食べられました

(宮城県)

今回の震災で大変役に立ちました。最近購入した炊飯器は、必要な電気量に達せず、
炊けませんでしたが、昔購入した電気量の少ないタイプでは問題なく炊くことができた
ので、5日間程続いた停電中でも、毎日温かいご飯を食べることが出来ました。
(基本的に昼間にまとめて炊いて、おにぎり等にしていました。)
電気ポットは問題なく使えたので、卓上コンロも活用しつつ、暖かい飲み物が飲めました。
携帯の充電も問題なく使えていましたが、電気ポットや携帯の充電(近所の人の分まで)で
電気を使ってしまうので、テレビまでは余力がありませんでした。
繋いでみませんでしたが、テレビは電気量が足りずつかなかったと思います。
朝のうちに使った時ですが、発電量が安定しないうちに使い切ってしまうと
しばらく発電されなくなるようでした。朝はちょっと我慢して、すこし安定してから使い始めると、
夕方まで問題なく使えました。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

「自立運転モード」アンケート結果はこちら!

エリアによって、自立運転モードの使用法、使った時間数、使用した機器に違いがあります。
全国版データや、計画停電エリアのアンケート結果を通じて、
災害への備え、停電への対処法を考えてみましょう。

サイトTOPへ