スマートハウスを知る。これからのくらしを考える。

みんなのスマートハイム

INTERVIEW

全国のセキスイハイムご入居者の暮らしをご紹介

山梨県富士吉田市 Aさま邸

「光熱費ゼロの暮らし」お客様インタビュー山梨県富士吉田市 Aさま邸光熱費ゼロ住宅の輪は、全国に拡がっています。

自然体で暮らすことの大切さを再確認しました。

太陽光発電のある暮らしの中で、環境意識とともに健康に対する考え方まで変わったという奥さま。なるべく自然のリズムに合わせて食事睡眠をきちんととる。そして、テレビを持たず時間を有効的に使った暮らしを実践されています。


住まい&ご家族データ

■ご家族3人
■延べ床面積177.15m2
■太陽光発電5.01kW
■オール電化


年間光熱費データ

自然と共存しながら実現した年間光熱費16,069円のプラス収支
7月に、プラス収支10,000円台を突破 Aさま邸の年間光熱費一覧

光熱費ゼロの暮らしについて伺いました

展示場で実際に触れてわかったソーラー&オール電化の魅力

収納の充実やインテリアの選定もAさまのこだわりの1つ。

 「近くの住宅展示場に行った時、セキスイハイムの営業スタッフの方が熱心に太陽光発電について説明してくれて、だんだんその魅力に引き込まれていきました」。
 ご購入の前は、太陽光発電についての知識はほとんど持たなかったという奥さま。営業スタッフの熱心さと実際にパネルを見せていただいたことで心を動かされたそうです。
 「それに、IHヒーターを見せていただいて、新聞紙を引いて料理ができるということやお手入れがラクということを説明いただいて実際の生活イメージが頭で広がっていきました」。

オール電化の暮らし。特に、蓄熱式暖房器が気に入っています。

蓄熱式暖房器は全部で4台。これで、部屋中を暖めます。

 「この周辺は、冬場とくに冷え込むんです。エアコン暖房などを使うと結露がすごくて。それに朝起きたときのブルッとした寒さ。新しい住まいでは、この2つをどうにかしたいと思ってました」。
 営業スタッフに相談したところ蓄熱式暖房器をすすめられたそうです。いまでは、その心地の良さと経済的な面がとても気に入っておられます。
 「まず、エアコンなどと違い、ムラなく家全体を暖めてくれるのがいいです。たとえば部屋と廊下の寒暖の差もありませんし、朝起きたときに寒さを感じることもなくなりました」。
 蓄熱式暖房器は、割安な深夜電力を使って熱を作り、1日中ゆっくりと自然放熱し部屋を暖めてくれます。「おかげで、結露がなくなりましたし、経済的にも助かっています」。

ひと手間かけることで、さらに省エネ。

毎月の電力表はキレイにファイリング

 「食洗機は、洗いものをそのまま入れても大丈夫なんですけど、私は、必ずひと洗いしてから入れるようにしてます。そうすると時間短縮できて節水にもなりますし、洗剤も少なくて済みます」。
 食洗機だけではなく、何事もひと工夫の意識さえ持っていれば、無理せず省エネできると奥さまはおっしゃいます。
 「お金もそうですけど、ある分だけ使おうじゃなくて、使わないなりの生き方を見つけたり、楽しんだりする方が充実した暮らしができると思っています」。

無理のないライフスタイルで、光熱費ゼロを実現。

(写真上)リビング
(写真中)お子さま部屋
(写真下)仕事兼作業部屋

 「太陽とともに暮らす生活。そして省エネということを実感するようになって、自然と生活形態も見直すようになりました」。
 特に、2人のお嬢さんの意識が変わったそうです。たとえば、夜更かしをやめて早寝早起きをする。同じ部屋で家族一緒に過ごす。
 なによりテレビを設置していないこと。そのおかげで時間がたっぷり作れ、自然と読書や勉強などに目が向くようになったと奥さまは喜んでいらっしゃいます。
 「朝は、ラジオを聴きながらみんなで食事します。食事もゴミが出ないように、なるべく出来合いのものやインスタントは食べないようにしています。
 それは、結果的に健康にもつながりますし」。極力無駄をなくし自然のリズムに合わせて暮らすことが、明るく健康に生活する秘訣とおっしゃいます。

それぞれのお部屋で大きな窓を採用されており、自然光が燦燦と入ってきます。お子さま部屋には、可動収納も設置、ライフスタイルに合わせて空間を仕切ることもできます。

無駄をなくすという意識が、家づくりにも生きています。

 「多少初期投資はかかっても、永い目で見てお金のかからない家づくりをしたいと思っていました」。 奥さまは、屋根にはステンレス、外壁にはタイルを採用され将来のメンテナンスコストを抑える家づくりを実践されています。「メンテナンスコストを抑えることは重要ですし、地震や台風に強いことや、バリアフリーやオール電化などで将来も快適に住めるということも大きいですが、やはり自分の子供たちへも受け継げる家であってほしいという想いがありました」。 光熱費が削減できるという以前に、セキスイハイム自体の強さそしてエコロジーな生活がとても気に入っているという奥さま。そして、この暮らしをお子様の代まで受け継いでいければとお考えです。

ページの先頭に戻る

キーワードから探す

キーワードから、代表的なインタビュー記事をご覧いただけます。