スマートハウスを知る。これからのくらしを考える。

みんなのスマートハイム

INTERVIEW

全国のセキスイハイムご入居者の暮らしをご紹介

愛知県 Oさま邸蓄電池搭載邸 インタビューおすすめ記事はこちら

「スマートハイムの暮らし」お客さまインタビュー 茨城県Yさま邸

小さな子ども+犬3匹。
なるべく「電力を買わない」暮らしで、光熱費に大きな安心感。

ダイニングから

蓄電池は、災害時の備えにも。「近所に住む実家の両親も『何かあったら避難しに行くね』と言っています。いざというときの安心感につながっています」

 奥さまが妊娠されたことをきっかけに、家づくりを検討され始めたOさま。住宅展示場を訪れ、セキスイハイムの住まいに一歩足を踏み入れて感じた家全体の暖かさに「とにかく、惚れた!」と本格的に計画がスタート。小さなお子さまとわんちゃんたちとが健やかに暮らせる"快適性"と"経済性"を兼ね備えた新しい住まいで、のびのびと笑顔あふれる毎日を過ごしていらっしゃいます。

住まい&ご家族データ

◎スマートパワーステーション
■延床面積 107.95m2
■太陽光発電 8.08kW
■蓄電池
■HEMS「スマートハイム・ナビ」
■快適エアリー
■エコキュート
■IHクッキングヒーター



年間電力量データ & 年間光熱費データ

年間光熱費データ
年間光熱費グラフ

スマートハイムの暮らしについて伺いました

太陽光発電+蓄電池で、よりおサイフにやさしい住まいに。

タイル外壁

外壁にはタイルを採用。モダンな色彩が、シンプルな外観をより洗練された雰囲気に演出します。塗り替えなどのメンテナンスコストを抑えられる点も気に入られたそう。

庇の上に太陽光発電が搭載

大きく張り出した庇の上にも、たっぷりと太陽光発電が搭載されています。

 以前はアパートにお住まいだったご夫妻。建築中にご長女が誕生する予定で、建築後は奥さまがご実家に預けておられたボーダーコリー2匹、ポメラニアン1匹が新たに家族に加わり、にぎやかな毎日になることは明らかでした。「新居で気がかりだったのは光熱費。でも、せっかく新しい家を建てたのに光熱費を心配して暮らしを楽しめないのも悲しいですよね。だから、たくさん売電できるように大容量の太陽光発電を希望しました」とご主人。セキスイハイムの営業担当者から、太陽光発電と蓄電池を組み合わせることで生まれる経済面のメリットをお聞きになり、蓄電池も採用されることになりました。

 新居では、小さなお子さまとわんちゃんが健やかに暮らせるようにと、快適性を重視され、夜間も快適エアリーを運転。しかし実際は、旧居で月々1万円弱かかっていた光熱費が新居では夏に2~3万円の黒字、冬でも出費は1万円ほどに抑えられているそうです。「外出したくなくなるくらい室内が快適なのに、光熱費はそれほどかからない。安心ですね」と奥さまもにっこり。

犬の足跡をかたどったアプローチ

アプローチには犬の足跡をかたどったワンポイントをプラス。

できるだけ電力を買わずに暮らしたくて「グリーンモードに」。

タイマーを活用

「タイマーを活用し、夜間も少ない電力で快適な温度を保てるように試行錯誤中。おかげで子どもが夜中に起きることも少なくなりました」と奥さま。

身長が計れるウォールステッカー

身長が計れるウォールステッカー。お子さまの成長を見守ります。

 ご入居当時、蓄電池は「経済モード」で暮らされていたOさま。「経済モード」は夜間におトクな深夜電力を買って蓄電池に貯め、昼間は自宅でつくった電力を売ることを優先するモードです。「いくらおトクな深夜電力でも、やはり"買う"ことに抵抗があって。結局"買う"と、積み重なっていずれ大きな出費になるのではないかと思ったんです。できるだけ自宅でつくった電力で暮らしたいと思い、『グリーンモード』を試してみることにしたんです」とご主人は話されます。「グリーンモード」は、昼間につくって余った電力を蓄電池に貯めて夜間など発電しない時間帯に使う、いわば"自給自足"型のモード。足りないときだけ電力を買う、環境にやさしい使い方だと言えます。

 夏は夜明けが早いため、お昼前には蓄電池が100%充電された状態に。充電分で夕方以降の炊事・給湯分をほぼまかなえているそう。日照時間の短い冬場も日中の発電分を大切に貯めておき、スマートハイム・ナビで蓄電池の残量をチェックしながら、電力を使いすぎないように心がけておられます。結果的に「経済モード」のときよりも電気代は安くなったと実感されているそうです。

 「買う電力で暮らしていたら、部屋を温めたりお湯を沸かしたりするのも『もったいない』と躊躇してしまいますが、自宅で発電しているので経済面での気がかりも少なく、気がラク(笑)。電気を使うことに対して、心の余裕が生まれたような気がします。これから先、買う電気代が値上がりするかもしれません。わが家には子どもも犬もいるからこそ、買う電力に頼らないことで家計への影響を少なくしておきたい。グリーンモードはそんなわが家にぴったりです」

「グリーンモード」で蓄電池を活用 自宅でつくった電力で住まいのエネルギーをまかなうことを目指せる「グリーンモード」で蓄電池を活用することが、心の余裕につながっていると奥さま。
わんちゃん専用ルーム リビング階段横にあるわんちゃん専用ルーム。夏は熱中症予防のために外出時も空調はONの状態ですが、たっぷり発電するため光熱費の心配はぐんと減ったそう。

家族みんなに目が届くよう、キッチンを住まいの真ん中に。

住まいの中心にアイランドキッチンを配置

住まいの中心にアイランドキッチンを配置。家族の様子をキッチンから見守ることができます。

快適エアリーが家全体の温度をコントロール

快適エアリーが家全体の温度をコントロールするため、玄関横のトイレも快適温度。帰宅してすぐに使えて便利です。

 プランニングでもっともこだわられたのは、キッチンの場所。リビングとダイニングの間にアイランドキッチンを配置し、炊事をしながらリビング内階段、わんちゃん専用ルームにも目が届くようにプランニングされています。住まいの中心にキッチンを配することで、お子さまやわんちゃんの様子を奥さまが常に見守ることができるようにとの配慮です。

 フロア全体がひとつながりになった開放的な間取りにもかかわらず、快適エアリーのおかげで家中が一年中、穏やかな温度に包まれているOさま邸。「アパート住まいの頃は、とくに風呂上がりが辛かったんです。冬は寒いし、夏はむっとするし。今は洗面脱衣室も快適なので、風呂上がりも親子で慌てて服を着る必要がなく、ゆっくり過ごせるようになりました。それに、今までは部屋干しをすると湿気のこもった匂いがして不快だったのですが、快適エアリーではその悩みもゼロに。とても心地いいですね」とご主人もご満足の様子です。

キッチンから キッチンからはわんちゃん専用ルームにも目が届きます。奥さまのことが大好きな2匹ももうれしそう。
リビング内階段を中心 リビング内階段を中心に、わんちゃん専用ルーム・LDK・玄関ホールが回遊できます。

取材日:2018年3月21日


ページの先頭に戻る
蓄電池搭載邸 インタビューおすすめ記事はこちら

キーワードから探す

キーワードから、代表的なインタビュー記事をご覧いただけます。