スマートハウスを知る。これからのくらしを考える。

みんなのスマートハイム

  • INTERVIEW
  • ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

ご存知ですか? ZEH(ゼッチ)

ネット・ゼロ・エネルギーハウス

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略。住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。
そのZEHについて、詳しくご紹介いたします。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。

そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。
政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

一言でいえば、使う電力 < 創る電力
発電する量が消費エネルギーより多い ゼロエネルギー住宅=ZEH

住宅の高断熱性能、省エネ設備機器、HEMS、太陽光発電システム等を組み合わせ、エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのこと。

(
政府目標

住宅については2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を
標準的な新築住宅とすることを目指す。
2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。

※エネルギー基本計画

)

ZEHの家を建てるには?

ZEH達成に必要なポイントは断熱・省エネ・創エネの3つ (断熱+省エネ)ー創エネ ≤ 0 1年間の一次エネルギー消費量※
POINT1 断熱 断熱性能を向上して、エネルギーロスを最小限とする住宅を建てましょう。(夏は涼しく、冬は暖かい住宅) POINT2 省エネ 家で消費する電力量を減らす為に、HEMSや省エネ性の高い機器・照明等を取り付けましょう。 POINT3 創エネ 家で消費するよりも多くのエネルギーを創るために、たっぷり太陽光発電でしっかり発電しましょう。 +蓄エネ 創エネした電力を貯めて発電時間以外にも使えるよう蓄電池の利用が望ましい、とされています。経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より

※冷暖房設備、換気設備、照明設備、給湯設備、のエネルギー消費量をそれぞれ計算し、合計して算出。

Pick Up
ZEHには補助金が交付されます。

新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。2012年から開始し、これまで約8500組※1のお客様が補助金を受けZEH仕様を導入しています。
これからのお住まいのスタンダードをおトクに叶えられるチャンスです。

※1 経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より。
※2 平成28年度(2016年度)「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業」の補助金です。
※3 上限50万円、または蓄電システムの価格の1/3のいずれか低い金額。

性能UP分の費用を補助 補助金定額 125万円※2 蓄電池設置の場合 5万円/kWh※3
ZEH普及に向けた国のロードマップ
ZEH普及に向けた国のロードマップ

※出所 経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」(2015年12月)

セキスイハイムなら、実績値でエネルギー収支がゼロに。

実は国が定めるZEHの計算式には家電の消費が含まれていません。
国が定めるZEH 家電消費は含まれず… 実際住んでみたら… 家電消費が多く加わればZEHが達成できない可能性も…
下向き矢印
セキスイハイムが考えるZEHは、収支実績値で見た家電消費込みのゼロエネルギー住宅。

セキスイハイムは二つの基準を満たしたZEH住宅を「ゼロエネルギー住宅」としています。

家電消費も含める 実績データで確認する
スマートパワーステーションのご入居者様の91%が家電込みゼロエネルギーを達成!※ ゼロエネルギー達成率 年間エネルギー収支プラス2% 家電込みゼロエネルギー(ゼロエネルギー住宅)91% 家電抜きゼロエネルギー7%

セキスイハイムは、入居後の省エネコンサルティングサービスにより、
家電消費を効率的に抑え、ゼロエネルギー住宅実現をサポートしています。

入居後の省エネコンサルティングサービス 「スマートハイム FAN」 について
  • スマートパワーステーション電力収支の実邸調査(2015)
  • 本調査は、実際に入居された結果、すなわち“運用時評価”としてのエネルギー収支に関する報告です。ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業の要件等、“設計時評価”によるZEHの集計報告ではありません。
  • ゼロエネルギー住宅の運用の定義。
  • 家電、調理を含むものを「家電込みゼロエネルギー」
  • 家電、調理を含まないものを「家電抜きゼロエネルギー」に基づき、分類している。
  • 「家電込みゼロエネルギー」を達成した実邸の割合と「家電抜きゼロエネルギー」を達成した実邸の割合の合計
  • ゼロエネルギーまたはゼロエネルギー住宅は、オール電化で電力以外のエネルギーを使用しない実邸を対象としており、消費電力<発電電力量である実邸をゼロエネルギー住宅と判定しています。

セキスイハイムが目指すのは、エネルギー自給自足

ZEHのさらに先へ行く、「エネルギー自給自足」の電気を買わない暮らしを目指します。

自給自足 ZEH:①家電抜きZEH(補助金上のZEH)②家電込みZEH(実際のZEH) 光熱費ゼロ住宅
大容量ソーラー:昼 もちろん太陽エネルギーを活用 蓄電システム e-Pocket:夜 蓄エネで夜も太陽エネルギーで暮らす コンサルティングHEMS スマートハイム・ナビ:省エネ生活をサポート

セキスイハイムでは「発電量ー消費量=ゼロ」を達成するZEHのさらに一歩先の「電気を買わない暮らし=エネルギー自給自足の暮らし」をご提案しています。蓄電池を設置することで、電力を貯めて、必要な時に取り出して使う暮らしが可能になります。もちろん、災害などによる非常時にも安心です。

全国のゼロエネルギー住宅入居者インタビュー
ゼロエネルギー住宅の暮らし実邸レポート
セキスイハイムは、ライフスタイルの観点からネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの調査を実施しています。
セキスイハイムの 「ZEH」実績調査「2015版 調査レポート」