計画停電エリア

みんなの声新着情報


家の屋根にソーラーパネルが乗っているのを見たことはありませんか?
近年、住宅用の太陽光発電システムは着々と普及しています。

太陽の光を電気に変換する太陽光発電は、二酸化炭素を排出することがなく、環境にとてもやさしい自然エネルギー。
環境にやさしいのはもちろん、電力会社の電力買取制度により、余った電気を電力会社が買い取ってくれるので、
家計にもやさしいのです。

やさしさがいっぱいの太陽光発電ですが、実は、「やさしい」だけじゃなく、「頼もしい」こと、ご存知ですか?
太陽光発電システムには、停電の際に使用できる、「自立運転モード」が備わっています。
災害などに伴う停電時に、「自立運転モード」に切り替えることにより、ソーラーパネルで発電している電気を使うことができ、
いろいろな機器を動かすことが可能になります。

東日本大震災では、この「自立運転モード」が大活躍しました。
停電が起きた地域、計画停電が行われた地域、それ以外の地域、全国各地で自立運転モードが重宝されました。

「どんな機器を、どんな風に使えるのか」説明を聞いたり、説明書を見ただけではイメージしづらい「実践」方法を、
アンケートを通じて探ってみました。

「自立運転モード」アンケート結果はこちら!

エリアによって、自立運転モードの使用法、使った時間数、使用した機器に違いがあります。
全国版データや、計画停電エリアのアンケート結果を通じて、
災害への備え、停電への対処法を考えてみましょう。