みんなの声新着情報

news_frame_b
ソーラー自立運転 体験者の声

震災エリアとは異なり、「冷蔵庫」を使用したいという意見の割合が多いエリア。
計画停電は、期限のある停電であることから、携帯電話やテレビといった通信・情報機器よりも、
「食の保存」が優先される傾向が見て取れます。
利用時間も、「1時間以内」、「2時間以内」の、使用時間=計画停電の時間と思われる
コメントが多数という結果でした。


炊飯器が使えて、大変便利でした

(栃木県)

計画停電時の11時頃~13時頃に使用しました。
モニターが自立運転時は表示が0になっていて驚きました。
冷蔵庫など使用電力量が少ないものを使用してもモニターは0のままでしたが、
使用電力量の大きい炊飯器等を使用すると、使用した電力量が「消費」と「発電」に表示されました。
したがって、その時点での発電量は確認できませんでした。
コンセントが1500Wまでだったので必要ないのかもしれませんが。
発電量がある時にはもう少し利用できるかもしれないので、コンセントの容量が増えるといいと思いました。
冷蔵庫と同時に他の機器を使用しました。普段それほど電力を使っていないのを知っていたので、
試しに100Vのエアコン(暖房)につなげてみましたが、起動時に電気が必要なようで、
一瞬運転されるようでしたがすぐにダウンしてしまいました。
節電するためにモニターを良く見ますが、消費電力量の単位がkWなので、
わずかな電力の変化が見難く、単位がWのほうがいいと思いました。
テーブルタップ付きの延長コードが便利でした。延長コードがたくさんあるといろいろ使え、
あまり電力使わないウォッシュレットも使えました。
自立運転のコンセントは冷蔵庫の近くが便利かと思いました。停電時に電気が使えるのは、
単に電化製品を動かせるだけでなく、気分的に心強く感じられました。
お天気が安定していれば、パソコンも使えるかもしれませんが、今回は試しませんでした。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 先頭へ戻る

「自立運転モード」アンケート結果はこちら!

エリアによって、自立運転モードの使用法、使った時間数、使用した機器に違いがあります。
全国版データや、計画停電エリアのアンケート結果を通じて、
災害への備え、停電への対処法を考えてみましょう。

サイトTOPへ