minsuma.jp みんなのスマートハイム
スマートハウスを知る。これからのくらしを考える。

みんなのスマートハイム

すべての家に
いちばんの品質を

家づくりの大半の工程を工場で行うスマートハイム。
工場生産によって、天候や作業環境に左右されず、
すべての住まいに計画通りの高品質な構造躯体を実現します。

品質の高い「構造躯体」を
実現できる理由

REASON1

「工場でつくる家」だから
計画通りの高品質を実現

現場作業では困難な安定した家づくりを可能にする工場生産。
天候に左右されない屋根のある環境、現場には持ち運びが困難な大型先進機械、
さらに徹底的に制度化された品質管理体制など。これらの「工場でつくる家」のメリットによって
高精度・高品質な家づくりを実現します。

Benefit! こんなメリットが
  • 天候に左右されない
    安定した環境天候に左右されない安定した環境

    屋根のある工場では、風雨による部材の劣化を防ぎ、品質を保ったまま作業することができます。

  • 高精密を生み出す
    テクノロジー高精密を生み出すテクノロジー

    人の手では困難な精密さの大型機械によって、図面通りの正確な施工が可能になります。

  • 徹底された
    品質管理体制徹底された品質管理体制

    専任の検査スタッフと、専用の検査機器が徹底的にチェック。厳しい品質検査に合格したものだけが出荷されます。

REASON2

安心を生み出す堅固な耐震性能
数百年に一度の地震に耐えるユニットを
結合させたボックスラーメン構造

柱と梁を剛結合させるボックスラーメン構造。耐力壁や筋交いに頼らず、荷重に耐えることができます。
セキスイハイムでは、強靭な鉄鋼を高強度・高精度な溶接でボックス型に一体化。
単体でも、数百年に一度の地震 にも耐えうるユニットを結合させてさらに強固なボックスラーメン構造を造りあげています。
※建築基準法における「倒壊防止」に基づく

天井と床はたわみが生じにくい形状など、各所に最適な形状の鉄骨加工 天井と床はたわみが生じにくい形状など、各所に最適な形状の鉄骨加工
外壁と構造体のダブルで衝撃を抑える
ハイブリッド耐震「GAIASS」

ボックスラーメン構造の「粘り抵抗型」耐震と、高性能外壁の「強度抵抗型」耐震を組み合わせ、“しなやかさ”と“堅さ”のダブルで地震の揺れを軽減するハイブリッド耐震「GAIASS」。補強などの装置を追加しないため、コスト面でも負担をかけません。

しなやかさ+堅さ しなやかさ+堅さ

REASON3

最新の省エネ基準をクリアする
高気密・高断熱性能

工場生産による計画通りの施工によって生み出される高気密・高断熱性能。
まるで魔法瓶のように室内の空気を保温。
より効率的に空調を使用でき、省エネにもつながります。

高断熱・高気密構造 高断熱・高気密構造
セキスイハイムのU値・C値レベル
・U値とは?
住まい全体から逃げる熱量を延床面積(外皮面積)で割った、断熱性能を表す数値。数値が小さいほど高性能住宅といえます。
・C値とは?
建物にどの程度すき間があるかを示す指標。数値が小さいほど、気密性が高いことを示します。
一般的な
高気密・高断熱住宅※1
地域区分と
代表地域
セキスイハイム

(W/m2K)
C値
(cm2/m2

(W/m2K)
C値
(cm2/m2
0.56 2.0 3
青森・
秋田
0.56※2 2.0※3
0.75 5.0 4
宮城・
長野
0.60※2
基準より約30%高性能※4
0.87 5.0 5,6
東京・
大阪
0.87 5.0 7
鹿児島

※1 性能値の指標としてU値:省エネ法H25基準、C値:同基準 平成11〜20年告示の数値を用いています。※2 弊社モデルプランにおける計算値。個別の住宅ごとの性能値は屋根形状、採用する間口の仕様・面積・床面積等の条件により異なります。※3 当社実験住宅での測定値。邸ごとに気密測定器による公的測定法に基づいた測定を実施。プラン、床面積、設備仕様により、C値が2.0以下にならない場合があります。※4 5〜7地域の場合での比較