minsuma.jp みんなのスマートハイム
スマートハウスを知る。これからのくらしを考える。

みんなのスマートハイム

  • INTERVIEW
  • HEMS(スマートハイム・ナビ)とは?

What's HEMS HEMSとは?

HEMSとは?

HEMSとは、ホーム・エネルギー・マネジメント・システムの略です。
このシステムを住宅に設置することで、電気やガスといったエネルギーの消費量を自動でコントロールして省エネ、
つまり電気代やガス代の削減につなげることができるようになります。
国の試算によると、平均的な家庭がHEMSを設置した場合、年間で約1か月分以上の節電効果があるといいます。
そのため一般家庭による省エネに貢献する手段として国も力を入れており、
2030年までに全世帯へ普及させることを政府目標として掲げています。
まさにこれからの住宅の標準になり得る設備がHEMSなのです。このHEMSとは、具体的にどのような技術なのでしょうか?
今さら人に聞きにくいHEMSについての基本をご紹介します。

HEMSで何ができるのか?

HEMSによって具体的にできることは、大きく分けて2つ。
家庭における消費エネルギーの「見える化」と「コントロール」です。まずは「見える化」について。
PCや専用モニターなどを通じて、部屋ごとや家電機器ごとの電力使用状況をリアルタイムで把握できるようになります。
それによって使っていない部屋の家電の消し忘れを防いだり、無駄な待機電力に気づいたり、
エアコンの設定温度を調整するなどして、無理のない範囲で省エネを実践することができます。

HEMSによる「見える化」の一例(セキスイハイムによるスマート・ナビ)HEMSによる「見える化」の一例(セキスイハイムによるスマート・ナビ)

そして消費エネルギーを「見える化」した後は、その「コントロール」です。
「見える化」によって消費エネルギーをリアルタイムで把握できるので、ムダな消費を改善しやすくなります。
また家庭内の設備機器や家電製品などの運転状況を需要に応じて自動で最適化することも可能です。
たとえば電気代が割高な日中は、割安な深夜に蓄電した電力を活用することで、電気代を節約できます。
さらに同じく日中に家電製品の電力消費を自動で抑えたりといった具合です。
別の部屋や外出先からなど離れた場所から設備機器や家電を操作できるのも、HEMSならではの利便性でしょう。
このエネルギー使用量の「見える化」と「コントロール」によって、電気やガスなどの利用を上手にやり繰りすることで、
省エネを達成することがHEMSの肝になるのです。

1. 電力データをHEMSに集めて…

1. 電力データをHEMSに集めて…

2. 各端末に数値として表示!

2. 各端末に数値として表示!

家電の消費電力量や太陽光発電の
発電量をいつでも
確認することができます。

ニャビ

なぜ今、HEMSが必要なの?

1つ目の理由は、自宅で使うエネルギーを電力会社から買うのではなく、
太陽光発電などによって自分で賄おうとする試みが注目され始めているため。
エネルギーコストの高騰などにより、時代は買うエネルギーにできるだけ依存しないライフスタイルへと変わりつつあるのです。
具体的には住まいの断熱性や省エネ性能を上げることに加え、太陽光発電などによってエネルギーを創ることで、
年間の消費エネルギー量をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。
いわゆるZEH(=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)と呼ばれる住宅です。
政府も2020年までにZEHを普及させることを目標に掲げています。
とはいえ、使う電力をできるだけ抑えるといっても、各自の努力だけで減らすことができる量には限界があります。
そこで、効率的に電力消費を減らすための設備として、消費電力の「見える化」と
「コントロール」が可能なHEMSに注目が集まっているのです。

2つ目の理由は、2016年4月からスタートした電力自由化。
これによって各家庭でライフスタイルに合った電力プランを自由に選べるようになりました。
つまり自宅の電力使用量の傾向を把握する重要性が高まったことで、
「見える化」機能を備えたHEMSの必要性が、より大きくなってきたのです。

3つ目の理由は、政府が省エネや電力ピーク対策を重視する姿勢を強めている点。
そのために2030年までに全世帯でのHEMS設置を目標に掲げています。
原発問題などにより懸念される電力不足に対して、電力供給を増やすのではなく、
需要そのものを最適化して減らすことで解決していく考えを提示。
そのための手段がHEMSというわけです。
またHEMS普及に向けて、補助金などによって導入を後押ししていく姿勢を打ち出してもいます。

国が考える省エネ・ピーク対策

ニャビ

政府の試算によると、1カ月当たりの平均電力使用量が300kwhの一般家庭がHEMSを設置した場合、
その節電量は年間で360kwhに上るといいます。
今後HEMS設置が家づくりのスタンダードになっていく中、
HEMSを活用した新たなサービスなども生まれてくるかもしれません。

HEMSを導入するには、どうしたらいいの?

HEMSの主な導入方法には、新築とリフォーム、後付けの3つがあります。
新築やリフォームで導入する場合は、太陽光発電や蓄電池などエネルギー設備と連動させることで、
より高い省エネ効果・光熱費削減効果が期待できるため、同時に検討するのがよいでしょう。
後付けの場合は、主に次のようなタイプがあります。どのような機能が必要かなどを考慮し、
ライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

  • 各コンセントに挿して電力使用状況を「見える化」する簡易なタイプ
  • 配電盤工事を含む大掛かりなタイプ
  • 月額料金制によってレンタル感覚で利用できるクラウドタイプ
  • プロバイダ契約などのオプションとして利用できるタイプ