快適エアリー前線 結果まとめ 3月~4月にかけて、日本全国のスマートハイム・ナビ(HEMS)で取得した快適エアリーの電力データをもとに各地域のON/OFFの変化を都道府県別で紹介してきました。この度、快適エアリーの電力データから分かってきた傾向についてご報告いたします。

2015年3月~4月末の快適エアリーのON/OFF状況を調査しました。
快適エアリーの暖房をOFFにしている邸の割合を毎日調べ、その結果を日本地図の都道府県を色分けすることで表しました。

快適エアリーとは?
快適エアリー前線 調査開始時・終了時の比較

快適エアリー前線ダイジェスト(3/1~4/30)

気温と快適エアリー前線の関係

詳しくはこちら

昨年の調査で、快適エアリーの暖房のOFFのタイミングは最低気温と連動していることがわかりました。具体的には、最低気温が4~6℃のときが快適エアリーの暖房をOFFするのにオススメ、という結果が出ました。

下の図は、今年の快適エアリーの暖房をOFFしたタイミングの推移を地域別にグラフにしたものです。昨年同様、最低気温と連動していることがわかりました。

暖房OFF率

最低気温と暖房OFF率の関係

さらに詳しく、地域別に最低気温と快適エアリー暖房OFFの割合を比較したのが下記のグラフです。3月下旬ころから最低気温が6℃を越えると一気にOFFになる傾向がわかります。

昨年~今年の調査によって、快適エアリー暖房OFFのタイミングが、最低気温が4~6℃であることが明らかになりました。どうしても春は暖房OFFのタイミングがつかめず、だらだらと暖房を使いがち。来年以降も、暖房OFFのタイミングをアナウンスしていき、みなさまの省エネをサポートしていきます。

日々の結果データをダウンロード

3/1~4/30の都道県別の
・暖房OFF状況 ・最低気温 ・最高気温 ・最高最低の前日との温度差 を表示したエクセルをダウンロード可能です。

快適エアリーのOFF状況(3/1~4/30)