11月18日は十一(土)十八(木)と書いて土木の日と土木学会で定めています。
市内にある国立研究開発法人土木研究所では一般公開が行われました。
数々のイベントが行われて敷地もすごく広いので1日で見ることは難しいので毎年少しづつ見ています。

道路の強さを調べるために東京ドームと同じくらいの広さの円周コースを時速30キロで同時に4台無人で走行させて調べたり、東京オリンピックで暑さ対策のためマラソンに使用される遮熱性舗装と普通の舗装の温度さを触って確かめたり、ダムや橋など大きなものの工事が正確にできているか図るために用いられるトータルステーションで測るところを見たり、実験用走路の角度30度のバンクをバスに乗って時速100キロで通り抜けるのを体験したり、めったにできない体験をすることができてとっても楽しい1日でした。


DSC_0416 1.JPG DSC_0413.JPG