スマートハウスを知る。これからのくらしを考える。
  • Interview 01 静岡県A様
  • Interview 02 奈良県H様
  • Interview 03 静岡県T様
  • Interview 04 茨城県 S様
  • Interview 05 広島県 K様

HEMSのおかげで電力消費の傾向が判明!データに表れた、“省エネ”的なライフスタイル。静岡県A様

築40年の旧家に耐震性の不安を感じ、建て替えを決めたA様。以前の住まいは木造だったこともあり「鉄骨住宅のハイムのおかげで、段違いの安心感です」と今では毎日快適に過ごしているそう。そんなA様邸ですが、スマートハイムナビの電力データを元に消費電力の分析を行ったところ、夏の「日中」と冬の「朝晩」に消費量が多い、という意外な結果が。取材でお話をお聞きしたところ、ハイムならではの理由がわかりました。

在宅時間が長いA様ご夫妻は、夏は室温が28度以上になった時だけ快適エアリーをON。冬は日中は日差しがたっぷり入り暖かいため、朝6時~9時、夕方~就寝時に暖房するだけで過ごしているそう。特に省エネを意識していないにもかかわらず、効率の良い電気の使い方をしておられました。また、一年の消費電力はなんと平均以下だとか。木造住宅から鉄骨住宅へ。災害時だけでなく、経済的な安心も与えてくれる理想の“終わりの棲み家”となりました。

夏の「朝晩」と冬の「日中」に電力使用量が少ない

パルフェ
●延床面積111.74m²
●太陽光発電システム4.61kW
●HEMS「スマートハイム・ナビ」
●快適エアリー
●エコキュート
●IHクッキングヒーター
●エアコン
滋賀県Oさま邸 詳細ページへ